HOME>特集>賃貸契約をする前に余裕をもって資金を用意しておきましょう

敷金は必ずかかります

オフィス

賃貸物件に入居する時と同様に貸事務所も初期費用がかかってきます。もちろん住宅とは異なるので、どんな費用が掛かるか分からない人も多いでしょう。まずかかるのは敷金です。敷金は借りた人が賃料を支払えなくなった時や修繕が必要になった時のお金です。敷金は住宅でよく使われる用語ですが、貸事務所の法人契約では保証金と呼ばれています。相場は賃料の半年から1年分となり、ゆとりをもった資金が必要です。退去して契約を解除すると返還されますが全額ではありません。償却分が差し引かれます。

礼金制度もあります

仕事

一部の貸事務所ではオーナーに礼金を支払う必要があります。賃料の1~2か月分に相当した額で、退去時の返還がないので注意しましょう。契約手続きに不動産業者が仲介したら仲介手数料を支払います。こちらは国土交通省の規定により賃料の1か月分と定められています。

前払い分の賃料がかかることも

オフィス

貸事務所によっては借りる前から賃料の前払いを求められるケースもあります。契約日によって違いますが、1~4か月分が必要です。また、貸事務所も火災保険に加入することになります。2年契約の場合は火災保険も2年契約です。保険料の相場は年間で12000~17000円ほどかかってくるでしょう。

連帯保証人がいない場合は

男女混合

貸事務所を契約したいなら連帯保証人が必要です。まだ設立が浅い企業や小規模の企業では保証人が立てられないことがあります。そんな時は保証会社の利用が薦められるかもしれません。保証会社を使うなら委託料を支払います。

広告募集中